古懸山不動院国上寺

2010年10月6日

tera推古天皇の時代に聖徳太子によって、阿闍羅山に建立されたもので、奉った不動明王は、座っている姿から「ねまり不動」とも呼ばれ、津軽三不動の一つに数えられています。また、酉年生まれの一代守り本尊としても、多くの人に信仰されています。

アクセス
平川市碇ヶ関古懸門前1番地1
JR碇ヶ関駅から車で5分
東北自動車道碇ヶ関ICから車で10分

地図

古懸山不動院国上寺

お問い合わせ

商工観光課
観光係
電話:0172-44-1111(内線2184)