生活保護を受けた場合

2013年4月1日

守っていただくこと(義務)

生活上の義務

1 暮らしについては、計画を立て、むだ使いをしないよう心がけ、家族全員が協力して生活の維持・向上に努力してください。

2 節度ある生活を心がけ、他の人から非難されることのないようにしてください。

3 働ける方は、能力に応じて働き、収入が増加するよう努力してください。
  また、仕事が決まっていない人は、早く仕事を見つけて働いてください。

4 病気の方は、医師の指示を守って、早く元気な身体になるよう療養してください。

届け出の義務

収入や家族の状態などが変わったときは、すぐに担当職員に届け出てください。

保障されていること(権利)

1 保護を受けることによって、他の人と差別されることはありません。

2 正当な理由がなく保護費を減らされたり生活保護を受けられなくなることはありません。

3 生活保護のために支給されるお金や品物については、税金がかかることはありません。
  また、差し押さえを受けることもありません。

4 生活保護を受ける権利を、他の人に譲り渡すことはできません。

お問い合わせ

福祉課
保護係 
電話:0172-44-1111(内線1161・1162・1163)