高額の治療を長期間続ける場合

2010年9月21日

高額の治療を長い間続ける必要がある病気で、厚生労働大臣が定めるもののうち血友病やHIVについては自己負担額が1カ月1万円、人工透析が必要な慢性腎不全は1カ月1万円(70歳未満の上位所得者は1カ月2万円)までです。診療を受けるときには、国保の認定による「特定疾病療養受療証」が必要です。

お問い合わせ

国保年金課
電話:0172-44-1111