届け出

2016年1月12日

こんなときは必ず14日以内に届け出をしましょう。

 ※平成28年1月1日よりマイナンバー制度が開始されたことに伴い、各種申請に個人番号の記載が必要となりました。

  届け出の際には、下記の手続きに必要なものに加え、『個人番号カード』 『通知カード』

  『住民票の写し(マイナンバーが明記されたもの)』のいずれかを提示頂くようご協力をお願いします。


国保に入るとき
こんなとき手続きに必要なもの
他の市区町村から転入してきたとき 印鑑、転出証明書
職場の健康保険をやめたとき 印鑑、職場の健康保険をやめた証明書
子供が生まれたとき 印鑑、保険証、母子手帳
生活保護を受けなくなったとき 印鑑、保護廃止決定通知書

国保をやめるとき
こんなとき手続きに必要なもの
他の市区町村に転出するとき 印鑑、保険証、高齢受給者証
職場の健康保険に入ったとき 印鑑、保険証、職場の健康保険証または加入したことを証明するもの、高齢受給者証
職場の健康保険の被扶養者になったとき
国保の被保険者が死亡したとき 印鑑、保険証、高齢受給者証
生活保護を受けるようになったとき 印鑑、保険証、保護開始決定通知書、高齢受給者証

その他
こんなとき手続きに必要なもの
退職者医療制度の対象になったとき 印鑑、保険証、年金証書
市内で住所が変わったとき 印鑑、保険証、高齢受給者証
世帯主や氏名が変わったとき
世帯が分かれたり、一緒になったとき
出稼ぎや長期旅行のとき
就学のため、別に住所を定めるとき 印鑑、保険証、在学証明書、または学生証
国民健康保険証をなくした時(または汚れて使えなくなったとき) 印鑑、(使えなくなった保険証)、身分を証明するもの

お問い合わせ

国保年金課
国保係
電話:0172-44-1111