国民健康保険税

2017年6月20日

平成29年度平川市国民健康保険税のお知らせ

平成29年度平川市国民健康保険税の税率が次のとおり決定しましたのでお知らせいたします。(昨年度と同率です。)
国民健康保険加入者の医療費は、国や県からの補助金のほか、加入者の皆様からの税金によってまかなわれています。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

税項目

(課税対象者)

税率区分 税率等

医療給付費分

(加入者全員)

所得割率 8.20%
資産割率 18.50%
均等割額 23,800円
平等割額 27,800円
課税限度額 540,000円

後期高齢者支援金分

(加入者全員)

所得割率 2.75%
資産割率 7.00%
均等割額 6,600円
平等割額 10,000円
課税限度額 190,000円

介護納付金分

(40歳から64歳)

所得割率 2.60%
資産割率 5.70%
均等割額 9,000円
平等割額 8,400円
課税限度額 160,000円

国民健康保険税の軽減対象が拡大されます

国民健康保険税は、世帯の所得額に応じて、均等割額(加入者1人につき課税)と平等割額(1世帯につき課税)が軽減されます。
この軽減基準が次のとおり改正され、5割軽減と2割軽減の対象世帯が拡大されます。

区分 軽減対象者の要件(世帯の所得額)
改   正   前 改   正   後
7割軽減 33万円以下 33万円以下(改正なし)
5割軽減 33万円+(被保険者数+特定同一世帯所属者数※)×26.5万円 以下 33万円+(被保険者数+特定同一世帯所属者数)×27万円 以下
2割軽減 33万円+(被保険者数+特定同一世帯所属者数※)×48万円 以下 33万円+(被保険者数+特定同一世帯所属者数)×49万円 以下

 (注)特定同一世帯所属者とは、75歳到達などにより、国保から後期高齢者医療制度へ加入した方で、同じ世帯に国保加入者が残っている方です。 

 【軽減基準改正の内容】

(1) 5割軽減・・・基準所得を 33万円+(被保険者数+特定同一世帯所属者数)×26万5千円から、×27万円へ5千円増額し、軽減対象世帯を拡大
(2) 2割軽減・・・基準所得を 33万円+(被保険者数+特定同一世帯所属者数)×48万円から、×49万円へ1万円増額し、軽減対象世帯を拡大 

後期高齢者医療制度への移行に伴う国民健康保険税の軽減について

平成20年度から75歳以上の方は後期高齢者医療制度へ加入することとなりましたが、世帯の負担が急激に増えないよう「特定世帯」に該当する世帯は5年間、国民健康保険税の世帯別平等割額(介護納付金分を除く)が半額に軽減されることとなっています。また、「特定世帯」となってから6年目以降8年目までは平等割額が4分の1軽減されることとなり、次の表のようになります。
(注)「特定世帯」・・・世帯の国保加入者が後期高齢者医療制度へ移行し、1人が国保加入者として残った世帯

区 分 医療給付費分 後期高齢者支援金分 介護納付金分
世帯別平等割額(軽減前) 27,800円 10,000円 8,400円
特定世帯となってから5年間 13,900円 5,000円 8,400円
6年目から8年目まで 20,850円 7,500円 8,400円

お問い合わせ

国保年金課
国保係
電話:0172-44-1111 内線 1251・1252・1257